松山学院高等学校

松学ニュース

人権同和教育講演会☆宗教教育課

先日行われた人権・同和教育講演会では、元JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)

バングラデシュ派遣ワーカーで、現在は医療法人鶯友会牧病院で働かれている

医師・宮川眞一先生をお招きして、

「コロナ禍・紛争の時代・SDGsを踏まえ今、何を考え、どう生きるか-JOCSの働き

を覚えて-」

という題で講演して頂きました。

SDGsの目標達成のため、特に「誰一人取り残さない」という課題を克服するための

様々な取り組みを紹介しながら、「私たちの近くに、今そこにある個や自分の周りに

目を向け、自分ができる何かを働きかけること」について考えることができました。

 

生徒を代表してお礼の言葉を述べた、宗教委員会副委員長行本理人ゆきもとまさとさん(3-3)は、

「マイバッグを持ち歩いてプラスチックゴミを減らす努力をしたり、買い物をするときに、

サステナブル・ラベルを確認して、SDGsを意識しながら生活していこうと思いました。」と

感想を述べました。

宮川眞一先生、お忙しい中、本当にありがとうございました。

本校では引き続き、JOCSの使用済み切手運動に協力しいきますので、みなさんの自宅に

届いた郵便物の使用済み切手を持ってきてください。よろしくお願いいたします✨

 

体育館、教室はリモートで行われました。

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

年別アーカイブ