松山学院高等学校

学校案内 about

学校の特色

受けるよりは与える方が幸いである 使徒言行録20章35節

130年前、ジャジソン宣教師は、この聖書の言葉に突き動かされて、教育を受ける機会から遠ざけられている子どもたちの学舎を設立しました。
松山学院高等学校は、同志社大学との非常に深い関わりの中で、1891年に誕生し、その歴史を歩んできました。建学の精神を「人間尊重、人格中心、社会人への成長」とし、キリスト教主義に基づき、社会の様々な場所で活躍できる生徒を育成しています。
「宗教」とは、つきつめて言えば、「自分の人生を追求すること」です。
キリスト教の信仰を持つ人も、他の信仰を持つ人も、信仰を持たない人も、 「自分の人生を追求する」ことにおいて、誰もが宗教心を持っています。
松⼭学院⾼等学校は、毎朝の礼拝や、聖書の授業をはじめとする、キリスト教主義教育を通して、 一人ひとりが自分の人生の意味を追求し、生きる力を養うサポートをします。

  • 創立者コーネリア・ジャジソン像 創立者コーネリア・ジャジソン像
  • 初代校長 西村清雄像 初代校長 西村清雄像
シンボル

毎朝の礼拝がおこなわれる礼拝堂には十字架の塔があります。 校章はその十字架と星を表したもので、縦と横の長さは黄金比となっています。 また、星は聖なる星で人間の生きる方向を照らし示しています。

  • 初代校長 西村清雄像 礼拝堂
  • 校章 校章
  • 讃美歌466番「山路こえて」 作詞:初代校⾧ 西村清雄
    1
    山路こえて ひとりゆけど、
    主の手にすがれる 身はやすけし。
    2
    松のあらし、谷のながれ、
    みつかいの歌も かくやありなん。
    3
    峯の雪と こころきよく、
    雲なきみ空と むねは澄みぬ。
    4
    みちけわしく ゆくてとおし、
    こころざすかたに いつか着くらん。
    5
    されども主よ、 われいのらじ、
    旅路のおわりの ちかかれとは。
    6
    日もくれなば、 石のまくら
    かりねの夢にも み国しのばん。
  • 校歌 作詞:3代目校⾧ 関岡武太郎
    1
    遙かなる 八潮路越えて
    日の本に 来りし人の
    聖き愛 祈りみのりて
    わが学び舎の もといは成りぬ
    ああ 望み(のぞみ)あれ 松山学院
    2
    東に 仰ぐ石鎚
    波静か 西は瀬戸の海
    星が岡 みどり背にして
    十字架いよよ 陽に輝きぬ
    ああ 光(ひかり)あれ 松山学院
    3
    若人は ここに集いて
    究むなり 真理の道を
    眼は高く 心は強く
    世にたつ備え ひたすらなさん
    ああ 栄えあれ 松山学院

教育⽅針

建学の精神
人間尊重
生命の尊さを大切にしよう
生かされていることに感謝しよう
人間愛に生きよう
人格中心
健康な体と心を養おう
高い知性と豊かな人間性を養おう
誠実と信頼に生きよう
社会人への成長
豊かな創造性を養おう
連帯の社会を大切にしよう
勤労と奉仕に生きよう
建学の精神
実践綱領
己に厳しく 人に温かく大愛に生きよう
基本方針

教育基本法及び学校教育法にのっとり、キリスト教主義に基づく、 高等普通教育並びに調理・看護・福祉に関する専門教育をとおして、 豊かな人間性を備えた有為な人材の育成を期する。

松山学院が目指す教育「スクールポリシー」
社会貢献できる逸材の育成
スクールポリシー

沿革

1891年1月
ジャジソン女史、西村清雄と共に松山市三番町に「普通夜学会」を創立(1月14日)
1892年8月
西村清雄初代校長就任
1894年10月
松山市永木町に移転 「松山夜学校」と改称
1932年10月
ジャジソン記念館落成
1938年7月
文部大臣の指定を受け 「松山夜間中学」と改称
1939年9月
ジャジソン女史米国にて永眠(9月17日) 全遺産を本校の基金としてアメリカンボードに寄託
1943年4月
松山夜間中学を 「松山城南中学校」と改称
1948年4月
定時制高等学校に昇格し、「松山城南高等学校」と改称
1951年4月
全日制高等学校併設(普通科設置)
1960年3月
定時制高等学校を廃止(夜学教育終わる)
1961年4月
商業科を設置
1964年12月
名誉校長西村清雄永眠
1976年4月
衛生看護科を設置
1982年3月
松山市北久米町に校舎新築移転
1982年4月
衛生看護専攻科を設置
1984年4月
調理科を設置
1988年10月
全天候型テニスコート竣工
1990年3月
創立100周年資料館落成
1990年7月
創立100年の門竣工
1991年1月
創立100周年記念式典挙行
1991年4月
福祉科を設置
1992年9月
福祉実習室落成
1999年1月
第2グランド竣工
2001年1月
創立110周年記念式典挙行
2002年4月
看護科5年一貫制設置
2011年1月
創立120周年記念式典挙行
2015年4月
食堂を「カフェテリア城南」へリニューアル
2019年1月
やまじ寮完成
2020年4月
普通科スポーツコースを設置
2020年12月
創立130周年記念式典挙行
2021年3月
第2やまじ寮(仮称)完成
2021年4月
130周年を機に、「松山学院高等学校」と改称

校長挨拶

校長挨拶
校長 河野 大助

新生 松山学院高等学校スタートにあたり

1891年、ジャジソン女史が、西村清雄先生と共に「普通夜学会」を創立されてから130年。
「松山夜学校」「松山夜間中学」「松山城南中学校」と時代の要求に応えながらの改称を経て、
「松山城南高等学校」として多くの卒業生を送り出して73年。
創立130周年を機に、 新たなるステージを開くために、学校法人名、松山学院に名称を統一し、松山学院高等学校に改称する運びとなりました。
校祖の教え、建学の精神、「人間尊重・人格中心・社会人への成長」は不変です。
松山学院高等学校の生徒は皆、うちの子であり、世に立つ逸材を育てる学校に変わりはありません。

さあ、教員も生徒も、松山学院ファミリーとして共に頑張りましょう。

基本情報・アクセス

所在地
〒790-8550
愛媛県松山市北久米町815番地
TEL
089-976-4343(代表)
FAX
089-976-4348
校長
河野 大助
設置課程
全日制(普通科・調理科・商業科・看護科・福祉科・看護科専攻科)
広域マップ