松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

昔から人と同じが・・・銀木犀シリーズ⑤ 2021年版★校長ブログNo.247

  • 2021.11.02

“Take it easy.”

昔から人と同じが・・・銀木犀シリーズ⑤ 2021年版

 

毎年、中予地区の地方祭(10月5~7日)の頃には、
金木犀(キンモクセイ)の花が咲き、甘い香りが漂ってきます。

しかし私は、金木犀の華やかなオレンジの花、
強く甘い香りより、白く慎ましく咲き、
香りもやや控えめな銀木犀(ギンモクセイ)が好きです。

これが今回で5年目の標題シリーズの始まりでした。
2017.10月17日NO.65
& 2018.11月6日NO.114
&2019.10月29日NO.156
&2020.10月20日NO.202

 

ところが今年は開花が遅れていて、
地方祭頃には全く花が咲かないので匂いもしなかった。

なぜですかね?

ちなみに昨年は、10月5日に撮影した本校礼拝堂前
木犀が咲かせた白い花を載せています。

更に、銀木犀満開から遅れること約10日、
同じく校内の木犀満開の写真を載せています。

と、毎日のように気にしていたら、とうとう咲いてくれましたよ。

学校の銀木犀です。

先週10月29日金曜日に撮影しました。

知らぬ間に、かなり咲いてくれました。

で、金木犀はというと

たった3日遅れの撮影ですが、
11月1日月曜日には満開となっていました。

例年は、銀木犀の花が枯れた頃に
金木犀のオレンジの花が咲き、
銀木犀より強く甘い香りが
心地よく漂ってくるパターンでしたが、
この原稿を書いている本日(11月1日)の
本校の状況は、金木犀が少し遅れて
満開といったところでしょうか。

ちなみに、我が家においてはこんな感じです。

毎年のことですが、うちは木も小さいので
本当に慎ましく控えめな咲き方で、
香りもほのかに漂っている程度でしょうか。

毎年同じ内容で申し訳ないですが、
“昔から人と同じが・・・”の私は、

花びらがオレンジで明るく華やかで、
香りもハッキリとしている金木犀よりも、
花びらが白く、香りも少し控えめな銀木星が好きです。

やっぱり私が控えめな性格のせいかな・・・?

このシリーズ、今回で終わります。

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031