松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

困った時の、矢野さん頼み・・・★校長ブログNo.244

  • 2021.10.12

困った時の、矢野さん頼み・・・

 

以前にも紹介した人ですが、
私の幼稚園から中学校までの幼馴染に、
矢野孝行さんという方がいます。

矢野さんは、お好み焼き激戦区の三津浜に於いて、
約40年近く「桂馬→利休」というお好み焼き店を経営してきました。

お好み焼きを食べながら将棋が出来る店。

最近では、好きな人が集まって麻雀もしていたようで、
おっさんたちの憩いの場として親しまれていたのです。

白鷺が、店前で置物のように立って餌を待っている姿は、
ほのぼのとして訪れるお客さんを和ませてくれていたと思います。

   

地域の一部の人に支えられてきた「利休」は、
今年の7月末をもって閉店しました。

開けておけば、それなりに人も集まってきて
何とか商売としてやれるのではないかと思いましたが・・・
大変残念です。

 

“Take it easy.”

何かと話題の矢野さんですが、
閉店後も本校のために協力してくれています。

一番助かるのは、カフェテリア城南の手伝いをしてくれること。

寮生・生徒・学生・教員への朝昼食を提供するために、
従業員のシフトを組んでいるわけですが、
急な欠勤等が出た時は迷わず℡すると、
矢野さん、快く引き受けてくれます。

スクールバスの運転も大丈夫。

本当に重宝する人物です。

“困った時の矢野さん頼み”と私は思っています。

〔さつま芋畑〕さつまいも畑

〔大根葉畑〕 

店を閉めた後、市内某所で矢野さんが
“さつま芋と大根葉”を作っています。

収穫出来たら、私にくれるそうです。

先日、私は全く頼んでいないのに、
「さつま芋、もうすぐできるけんの。」
と畑を案内してくれました。

これが畑?雑草の中に埋もれているではないか。

※大根葉は少しマシかな。

私:「有難い話ではあるが、
周りの人の畑や田んぼに迷惑になるから、
雑草を刈ったらどうなん?」と言いながら、
畑の中に置いてある掘っ立て小屋の中をのぞいたら、
何と2人のおっさんが将棋を指していました。

お好み焼きもエアコンも無し。

多分電気も通ってないでしょう。

行き場の無くなった?かつての「利休」のお客さんたち。

今も矢野さんを頼っているんだなぁ。

これなら、もう一度お好み焼き屋を開店したらどうかね?

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031