松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

“Take it easy.”秋季高校野球結果★校長ブログNo.243

  • 2021.10.05

今回は真面目シリーズ

 

今日は10月5日。

月日が経つのは早いものです。

4月に始まった今年度も、半分終わって
残り6ヶ月という折り返し地点になりました。

この半年を振り返ってみると、校名の改称により
「松山学院高等学校」としてスタートを切りましたが、
コロナの影響で入学式も、来賓無し、次第の内容短縮、
歌唱は心の中で、礼拝堂での参列者は全員マスク着用。

当然、入場する前の体温測定、手指のアルコール消毒等々・・・

それから半年が経ちました。

全国的に感染者が増加し愛媛県内では、
休校を余儀なくされる高校もありましたが、
奇跡的?に本校では感染者無しという記録を続けており、
休校も経験せずに今日まで頑張っています。

先生方のしつこい指導と“うちの子”たちの協力のおかげだと、
心より感謝しています。

この数週間はかなり感染者が減ってきて、
収束も近いかも?と期待していますが、
現実は、まだまだ油断が出来ない状態であると思いますので、
油断をしないように頑張りましょう!

 

“Take it easy.”

さて、週末に行われた秋季高校野球の結果です。

第1シードの本校野球部は、
2日(土)準決勝で第4シード西条高校と対戦しました。

初回、本校エース佐久間君の立ち上がりを攻められて、
2点を先制されました。

それからは息詰まる投手戦で両校得点が入らず、
あっという間に9回が終わってしまって、0-2で敗れました。

翌日は、済美高校との第3代表決定戦でしたが、
初回の先制点1点のみに抑えられて、1-3で試合終了。

2年連続の四国大会出場は成りませんでした。

四国大会出場から選抜甲子園への道があっただけに、本当に残念!

「私を甲子園に連れて行ってくれー。」
の要望はお預けとなりましたが、点数で分かる通り、
あと1本のヒットが出ていたら勝っていたほどのゲーム内容であり、
次のステップ(来年夏、長いな・・・)に期待しましょう。

来年夏の甲子園には、松山学院として出場してくれることを願っています。

頼みまっせ、野球部諸君と監督・部長・コーチの方々。

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031