松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

香水に思う・・・②★校長ブログNo.215

  • 2021.02.02

3年生の卒業認定考査も終わりました。

今日は、一般入学試験でした。

新生 松山学院高等学校に何人入学してくれるかな。

 

香水に思う・・・②

香水に思う・・・①

先週の続きではありますが、
今回は違う切り口で・・・

瑛人(えいと)の“ドルチェ&ガッパーナ”
という香水を私は知りませんが、
香水(多分女性限定の呼び方だと思うのだが)ではなく、
コロンと呼ばれる香水擬き(もどき)を使っています。

体育の教員の私は、
2点だけ気を付けていたことがあります。

ひとつは、授業のある前日には、
餃子・焼肉などニンニクの入った料理を極力食べない。

理由は、体育の授業で
生徒に近い距離に位置する場合が多々あり、
ニンニクの臭いは迷惑であろうと思ったから。

逆の立場でニンニク臭攻撃に閉口した経験があり、
これは校長になって授業をしなくなった今でも
意識しているし、我が家の夕食はニンニク抜き料理です。

但し、懇親会などで出された料理に
ニンニクが入っている場合は仕方ないので、
そういう場合は“ブレスケア”を3粒呑んでおきます。

効果があるかどうかは、自分には分かりません。

もうひとつは、私が汗臭いのは迷惑であろうから、
上記の“コロン”なる香水擬きを軽くつけていました。

 

“Take it easy.”

男女を問わず、香水の匂いを
ぷんぷんさせている人もいますが、
私の場合は“微香性”というタイプで、
ぷんぷんではなく、
微かに漂ってくる程度だと思います。

匂いには、世間一般で支持されている
超高級な品であっても、
どうしても自分には無理という、
人それぞれの好みというものがあります。

勿論、私にもあります。

多分高級な品で世間一般では、
匂いとして認知・支持されている
ものであったとしても、私には
臭いになってしまうのです。

皆さんにもありませんか?

還暦も軽く過ぎた最近は、
汗臭さより加齢臭を心配しています。

これも自分では分からないから、厄介なことです。

もう20年以上使っている、
私の微香性コロンを紹介しておきます。

資生堂アンタイド 1997年発売

3年くらい前に製造中止になったので、
お店にあった最後の2本を買い置きしました。

当分は大丈夫でしょう。

※NHKではだめですが、
今回ふたつの商品の紹介をさせて頂きました。

 

 

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930