松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

結構真面目シリーズ㉒★校長ブログNo.210

  • 2020.12.22

結構真面目シリーズ・・・
創立130周年記念式典に思う

結構真面目シリーズ⑰
結構真面目シリーズ⑱
結構真面目シリーズ⑲
結構真面目シリーズ⑳
結構真面目シリーズ㉑

 

先週、12月18日(金)
県民文化会館サブホールに於いて、
標記記念式典を挙行致しました。

皆さんも知っての通り、本当は、
1月14日が創立記念日なのですが、
推薦入試に重なるので、
それならば毎年、県民文化会館で
クリスマス礼拝をしたあと、
2学期の終業式をしている訳だから、
その日に合わせて
130周年式典も実施しよう
ということになったのです。

新型コロナウイルス感染症拡大の中、
私も600人が集う式典ですから、
実施については正直迷いましたが、
「止めることは簡単だが、
最大の感染予防を徹底して挙行しよう。
これを逃すと130年は
もう無いわけだから。」

さて、式典は内容の時間短縮と
人員の縮小をして、
本来ならば多くの来賓、
保護者も招待したいところを、
本校生徒と教員、理事・評議員関係
に限定しました。

約910人収容のサブホールに、
650人が間隔を空けて座ることで、
密を避けました。

讃美歌、校歌も
心で歌うこととしました。

ハンドベル部の演奏は良かったし、
牧師T村先生の説教も
相応しい内容であったし、
理事長の式辞もキレが良かった。

知事の祝辞の代読をした私は、
もう一つ活舌がわるくて不満でしたが。

そして何より、
記念講演の島﨑勝行さんの話は
面白かったし迫力がありました。

本校卒業生で、スノーボードで
2度のオリンピックに出場した、
青野令君のオリンピックでの演技、
OBから後輩へのビデオメッセージも
素晴らしかった。

本当に良い「創立130周年記念式典」
だったと思います。

 

“Take it easy.”

式典のあとの2学期終業式で言いましたが、
島﨑氏の講演中に寝ている人が
居たのが唯一残念でした。

寝てしまうことの理由は、
いろいろあるでしょうが、
それは敢えて言いません。

正直過去の記念講演の中には、
私たちが聞いていても
眠たくなるようなときもありましたが、
オリンピックという世界最高峰での
メダリストたちの演技、
その選手たちをサポートした
一流のトレーナーの話を、
見逃し聞き逃したということは、
「損したね。」と言えると思います。

では皆さん、感染対策を万全にして
よいお年をお迎えください。

※式典も終わったので、
18日午後に看板を新しくしました。

学校も新年を迎えます。

 

 

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

カレンダー

2021年9月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930