松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

本校の先生紹介★校長ブログNo.205

  • 2020.11.10

本校の先生紹介・・・O(ローマ字)石先生

 

以前、ユニークな先生というシリーズで、
ロック歌手S本先生、
和製エディマーフィーのT永先生、
実は気が短くてキレたら恐ろしいN教頭、
我々教員を含め、“うちの子”の健康を身を粉にして
守ってくれている“ミセス老婆心”ことI上先生。

私のブログの愛読者であり、
無料朝食会等で常に頑張ってくれる
調理科のM田・Tカミナリの両先生など、
多くの先生方を紹介してきました。

皆さん、学校の先生として大変ユニークだったり、
真面目だったり(不真面目な事は書けない)、
私の大事な同僚です。

 

“Take it easy.”

200回を超える毎週のブログネタを考えるのは
本当に大変で、朝夕の出退勤で
運転する車から見える風景や人々の動き、
日常の様々な出来事から、
ネタになりそうな話題を物色?しているのです。

毎週、火曜日を更新日にしているので、
それまでに原稿を書き、
月曜日の午後か火曜日の午前中には、
O石先生の検閲❓を受けなくてはいけません。

※この原稿チェックの役割、
O石先生は2代目で、以前はY山編集長でした。

前にも書きましたが、
基本的に“品の無い”原稿は✖です。

松山城南高等学校の校長として、
相応しい文章なのか?を、
O石先生が判定して、✖の場合は、
本当に蚊の鳴くような声で、
「校長先生、今回のは・・・」と、
本当に申し訳なさそうに、✖出しをされます。

そうなると、逆らえません。

素直に別のネタに差し替えをするか、
O石先生の琴線に触れた場所を訂正します。

正直、「これくらいええじゃないの」
と思っても、女性の目線って
結構大事ですから素直に従います。

しかし、アップされたら上手にまとめてくれて、
イラストや写真の添え方もきれいで、
ネタが上質になっているから文句も言えません。

O石先生って、昔の公家の出ではないかな?
上品ですわ。

それと、国語の先生の目線で誤字脱字も
チェックしてくれているので、安心できます。

O石先生、重ねて御礼申し上げます。

 

※1.検閲はちょっと大げさ、そこまでではない。
校正が良いかな。

※2.琴線に触れる公家って分かる?
分からない人は是非、調べてみて。

校長ブログは、読むことで
「学ばせる」ことも意識しているのですよ。

 

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

カレンダー

2021年9月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930