松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

自動車メーカー★校長ブログNo.174

  • 2020.03.10

コロナウィルスの感染防止の「臨時休業」
に入って1週間が経ちました。

今のところ、“うちの子”が感染
という情報は無いので、
来週18日登校、19日には終業式
をしたいと思っています。

 

自動車メーカー

日本の工業製品産業の中でも、
日本の乗用車の評価は、
世界的に大変信頼されています。

性能も燃費も良いし値段も手頃で、
とにかく故障をしない。

世界で支持される訳だ。

車といえば、半世紀前は
アメリカのビッグスリー、
GM(ゼネラルモーターズ)
・フォード・クライスラーでした。

それと、工業製品として大変精密で
頑丈というイメージのドイツ車、
ベンツ・BMW・フォルクスワーゲンでしょうか。

さて、日本の主な乗用車メーカーを挙げてみると、
TOYOTA・NISSAN・HONDA・
MAZDA・MITSUBISHI・SUZUKI・
DAIHATSU・SUBARUでしょうか。

※HINO・ISUZUも昔は乗用車を作っていましたが、
今は、バス・トラックだけに。

 

“Take it easy. ”

メーカー名が、創業者の苗字に
なっている会社がいくつかあります。

豊田利三郎(TOYOTA)・本田宗一郎(HONDA)
・松田重次郎(MAZDA)・鈴木道雄(SUZUKI)

結構車好きの私は、
もし、私の苗字が河野ではなく、
豊田・本田・松田・鈴木だったら、
迷わずいずれかのメーカーの物を購入します。

車って結構高額だし、
所有するには、印鑑証明・車庫証明など
結構な手続きが必要です。

日本では、ちょっとした財産的感覚なのです。

例えば、音楽に凝った人が
車の価格くらいのオーディオセットを買っても、
印鑑証明などは必要ないでしょう。

愛車に、KONO(河野)と
自分の苗字が入っていたら、
私なら快感・自慢ですね。

本校にも、自動車メーカーと
同じ苗字の教職員が数名居ますが、
一人を除いてなぜか
違うメーカーに乗っている。

まぁ、考え方の違いと言ってしまえば、
その通りなのですが、私から見ると残念。

その唯一、苗字が同じメーカーに乗っていた
(当てて擦ってボコボコでしたが・・・)
某先生が最近車を変えたと聞いて、
「どれどれ、何に変えたのかな?」
興味津々で見に行ったら、
白い綺麗なワゴンでした。

メーカーは?

某先生、残念ながら魂、売ったな!

君が選ぶメーカーは、これでしょ!

※あくまでも私の独断と偏見ですが・・・。

 

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

カレンダー

2021年9月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930