松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

「卒業式に思う・・・シリーズ」2019バージョン★校長ブログNo.129

  • 2019.03.05

以前も書きましたが、
城南に勤めて38年の私ですが、
1回だけ参列していないので、
今年の高校・専攻科の卒業式は
37回目となります。

(その理由は・・・「校長ブログNO.34」参照)

参加してない1回は、
心筋梗塞で県病院に入院していた
平成20年(2008年)3月1日の卒業式です。

という訳で、今日5日は専攻科、
先週1日の高校卒業式も
無事に終えることが出来て、
ホッとしているところです。

卒業式は、さすがに私も緊張します。

来賓の皆様が大勢参列されるので、
式辞の内容や読み上げる時の滑舌。

更には式典中の所作など、
チェックする項目が盛りだくさんです。

今年の高校卒業式には、
大変有り難いことに、
中学校の大物校長が
多数参列してくださったので
特別緊張しました。

ある中学校の校長は、
「河野校長の式辞を楽しみにしています。」
などと、心にも無いお世辞を仰るので、
プレッシャーを受けた私は、
「よし!今年は気合を入れて式辞を書くか!」
と一瞬思いましたが、
下記の理由で止めました。

私の信条

●式辞は極力短く、
起承転結がある内容にして、
卒業生・参列者が飽きないうちに終わる。

※基本的に時候の挨拶は省く。

●但し、内容は大事。
「この校長は、な~も考えとらんなぁ。」では、
痩せても枯れても私にもプライド?がある。

●体育会系校長らしく、
メリハリの効いた元気のよい声を出す。

毎年、高校・専攻科とも、
送辞・答辞の出来が素晴らしくて驚きます。

先生方が本当によく指導されています。

校長式辞など“脇役”でよいのです。

主役は、あくまで卒業生ですから。

今年も、素晴らしい送辞・答辞でした。

卒業、本当におめでとう!

プレッシャーをかけてくださった、
Y中学校I校長先生。
ありがとうございました。

 

卒業式に思うシリーズ

卒業記念「卒業式に思う①」★校長ブログNo.34

卒業記念「卒業式に思う②」★校長ブログNO.35

卒業記念「卒業式に思う(おまけ)」★校長ブログNo.36

平成29年度卒業式に思う①★校長ブログNo.82

平成29年度卒業式に思う②★校長ブログNo.83

 

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930