松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

職員紹介⑥「ユニークな職員紹介 その1」★校長ブログNo.90

  • 2018.05.08

先週のPTA総会では、大変お世話になりました。

寮の建設が大幅に遅れてしまって、
校長としては頭が痛いところです。

言い訳をさせてもらうと、昨年5月頃に、
土地の買収など一連の仕事を委託している事務所から、
「平成30年3月末には完成します。」
とお墨付きをもらったので、
パンフレットやポスターに載せたのですが・・・

仕事が進んでいく過程で、
想定外の“法的な縛り”を
多々クリアしないといけない案件が重なって、
遅れに遅れて・・・この状態です。

特に寮生が多い野球部・自転車競技部には、
現在暫定的な宿舎で我慢してもらって、
本当に申し訳なく思っています。

野球部には、久万高原町“おもご旅館”という所で、
合宿生活をお願いしていますので、
その送迎にスクールバスを
張り付けにして対応しています。

片道約40分の道のりですので、
バス運転手のMさんも、
野球部監督K先生・部員と一緒に泊まって、
早朝と夜間の送迎運転をお願いしているのです。

という事情で、北条 ⇔ 学校間のスクールバス
(ハイエースロング)を新たに用意しました。

バス生の皆さん、ちょっと小さいバージョンでごめんなさい。

その小さいバージョンの運転をお願いしているのが、
Yさんです。

Yさんと私は、幼稚園・小学校・中学校が同じの幼なじみで、
高校は別々になりましたが、
同じラグビー部で競った仲です。

試合ではエキサイトして、
よく乱闘になっていました。

3年生の時は、それぞれキャプテンでしたので、
審判から試合途中に呼ばれて、
「両キャプテン!
エキサイトしないようにチームを治めなさい。」
としょっちゅう指導されました。

高校卒業後、彼は「自衛隊」に入隊して
ラグビーを続けました。

1982年に私が城南ラグビー部を創部して数年後、
遠征・合宿にバスを使う時、
大型免許を持っているYさんに
運転をお願いしていました。

聞くところによると、自衛隊では訓練のほかに、
各種免許を取得できる特典があったようです。

他にも建設専用車のオペレーター免許も持っているらしい。

学校がピンチの今回、
30数年ぶりにバスの運転をお願いしたところ、
快く引き受けてくれて、本当に感謝しています。

持つべきものは、友ですね。

・・・続く

過去記事はこちら

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031