松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

リニューアル工事に思う・・・★校長ブログNo.89

  • 2018.05.01

5月に入りました。

明日はPTA総会や授業参観などがあります。

どうぞよろしくお願いします。

城南高校は、春休みの間に
各科職員室等の改装工事をしました。

城南高校が北久米町の現在の場所に移転したのが、
1982年(昭和57年)の4月でした。

今年が36年目になります。

※移転前、1981年度永木町校舎最後の卒業生が、
看護科の亀井先生と調理科の田井野先生です。

移転当時は、普通・商業・看護科の3科
しかありませんでした。

移転後、昭和59年に調理科、
平成3年に福祉科が設置されて、
現在に至っています。

さて本題に・・・

移転当時、現在の福祉科職員室は当然無くて、
商業科の就職関係指導・準備室でした。

また半分は、スクールバス運転手さん
(当時は3台走っていた)の休憩室で、
仮眠を取るための布団も置いていました。

ところが、あの部屋には致命的な欠陥があったのです。

湿気が多すぎて、押し入れの布団に
カビが生えるのです。

かくして、バス運転手さんの控室・仮眠室は、
正門横のお墓の中の小屋になりました。
(日当たりは最高)

やがて、生徒指導室として
使っていた時期もありましたが、
10年ほど前から、
商業と福祉が同居する形で
使用していたのです。

という大まかな歴史を披露しましたが、
問題は“湿気”です。

今回、その“湿気”対策工事を行うタイミングで、
商業科を分離。

第2教棟1階に、「商業科職員室兼就職指導室」
という役割を担って移転させました。

湿気の無くなった 「福祉科職員室」
リニューアルされた 「商業科兼就職指導室」 で、
先生方も “Power of Love (愛の力) ”
で張り切ってくれています。

生徒の皆さんにも、
大いに活用してもらいたいと思います。

「体育教官室」 も、カーペットを張り替えて
リニューアルして、明るく綺麗になりました。

北久米に移転した時、
永木町校舎の理科室から
深緑のカーペットを剥がして持って来て、
体育教官室の床に私たちで張りました。

古き良き思い出です。

15年くらい使ったでしょうか。

その後、グレーのカーペットに張り替えましたが、
傷みも激しいので、3代目カーペットに。

同じグレーですが、
ちょっとオシャレな明るくて良い色です。

移転36年。

いろいろ傷んでいますが、
改修工事をしながら大事に使わないとね。

皆さんも協力してくださいね。

この時計は、森岡先生が勤続25周年でもらった
記念の時計だそうですが、
新しい福祉準備室に飾っているとのこと。

愛校心にあふれていますね。

過去記事はこちら

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031