松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

卒業記念「卒業式に思う②」★校長ブログNo.35

  • 2017.03.03

卒業記念「卒業式に思う②」

祝!卒業 3月3日(金)松山城南高等学校看護科専攻科


3月1日・・・高校
3月3日・・・専攻科
と松山城南高等学校の平成28年度の卒業式が終わりました。

3年前、専攻科は5年前に入学して、
途中で脱落する人も居ましたが、晴れて卒業出来て、
「よく頑張った。」といえるでしょう。
本当におめでとう。

今年の卒業式(高校)での3年生は、
校歌も讃美歌も大きな声で歌ってくれて感動しました。

「自分たちの卒業式」
という高い意識をもって臨んでくれた証であり、
素晴らしい卒業式だったと思います。

専攻科は、人数も少ないということもあり、
音量は・・・でしたが、
厳粛な式であったと思います。

高校3年間、私が体育の授業を担当したクラスだったので、
ちょっと、ウルウルきそうでした。

理事席に座っている方々は、
本校理事長兼同窓会長をはじめ卒業生の理事さんたち、
元本校の教員だった理事さんですから、
母校に対する思い入れが大きいのでしょうね。

自分たちの頃を思い出したりして、
「ものすごく感動した。」
と言ってくださいました。

理事長さんなどは、
「最後の讃美歌445番を歌っていたら、
2番は涙で歌えなかった。」
とのことです。

卒業生ならではの、有り難い言葉ですね。

~讃美歌についての薀蓄(うんちく)~

宗教主任の先生に聞いた話ですが、
讃美歌の歌詞は時々マイナーチェンジするのだそうです。

実は、私は今の讃美歌465番・頌栄27番の歌詞は
好きじゃないというか、ピンと来ないのです。

古い人は皆、口を揃えて
「前の歌詞のほうが良かったなぁ。」
と仰います。

勤続36年の私が好きだった、
旧バージョンの465番・27番をまた紹介したいと思います。

多分、最初に覚えて長年にわたって
親しんできたからでしょうね。

・・・「卒業式に思う(おまけ)」に続く

★過去記事はこちら

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031