松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

特別編⑧「還暦に思う」★校長ブログNo.33

  • 2017.02.28

特別編⑧「還暦に思う」

今日、2月28日で60歳になりました。

干支(えと)というのがありますが、
皆さん自分の干支は知っていますか?

その年にシンボルとして、
下の動物をあてるという日本の文化です。

今年は、酉年ですよね。

子(ね・ねずみ)- 丑(うし)- 寅(とら)- 卯(う・うさぎ)-
辰(たつ・りゅう)- 巳(み・へび)- 午(うま)- 未(ひつじ)-
申(さる)- 酉(とり)- 戌(いぬ)- 亥(い・いのしし)
・・・の12あります。

あえて干支用の漢字を使うのがミソですね。

鼠-牛-虎-兎-龍-蛇-馬-羊-猿-鳥-犬-猪

普通に漢字で書いたらこうなりますが、
干支らしくなくてリアルですね。

①生まれた年 ②12歳 ③24歳 ④36歳 ⑤48歳 ⑥60歳と
6回目の干支の年が還暦となるのです。

冒頭に記したように、60歳になる私は還暦を迎え、酉年です。

昔は、人生50年といって、
日本人の平均寿命はそんなものだったみたいで、
50歳よりも10年も長生きしたことを、
赤い頭巾やちゃんちゃんこ(和風ベスト)などを
家族が贈ってお祝いするのです。

なぜ赤か?

生まれた時は、やはりお祝いで赤い産着などを着せられたようで、
「赤ちゃん」の呼び名とはそういうことだったのですね。

長生きして、赤ちゃんに還(かえ)るということで、
産着は必要ないから赤い物を贈るのでしょうね。

※還・・・帰還・返還など、戻ってくるというようなときに使う漢字

日本は、このようなことから、
還暦=老人=定年退職という文化が根付いています。

最近では、平均寿命が伸びて80歳以上は普通になりましたから、
60歳はまだ若いということで65歳まで延長の会社もありますが、
やっぱり60歳定年の会社が多いですね。

24歳で城南に勤めて36年。

振り返ってみると本当に早く短かったような。

自分へのご褒美として、私は趣味のゴルフ用の帽子をネットで買いました。

昔から人と同じが・・・ですから、
多分誰もかぶっていないであろう、
私のお気に入りメーカーCleveland(クリーブランド)の製品です。

・・・続く

☆次回は、3月2日(木)配信予定です。

★過去記事はこちら

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031