松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

特別編④ 「一流と二流」★校長ブログNo.24

  • 2016.12.20

「一流と二流」

2年に一度の、高校保健体育の先生方の「研究発表四国大会」が、
今年は松山で開催されました。

元体育教員であった私も、
愛媛県の研究副部長という役職で参加させてもらいました。

ちなみに、本校からはもう一人、
体育科主任のT永先生も参加したことを報告しておきます。

午後から特別講演として、
松山市在住でバレーボール1996年のアトランタオリンピック出場(9位)。
続けて、2000年ビーチバレーボールでシドニーオリンピック出場(4位)。
結婚・出産を経て、
2008年同じくビーチバレーボールで
北京オリンピックにママさん選手(37歳)として出場。
計3度のオリンピックに出場した、
佐伯美香さんが「バレーボール人生で学んだこと」との演題で話をしてくださいました。

素晴らしい話ばかりでしたが、いろいろ挙げると焦点が薄まるので、
たったひとつだけ皆さんに報告したいと思います。

3度のオリンピック出場という偉業のここまでの人生で、
「どちらの道に進むべきか?と迷った時、
私は必ず厳しい道の方を選んできました。負けず嫌いなんですね。」
・・・なるほど納得。

私も、高校時代はラグビーで花園(全国大会)にも出場しましたし、
高校・社会人でも愛媛県代表で国体にも出場しましたが、
結局は“出場しただけで満足しとったなぁ・・・”。

我々凡人は往々にして“楽な方”を選びますよね。
一流選手は違いますね。
会が終わって帰る車の中で、
「T永先生、やっぱり違うもんよのー。わしら二流との差はここよなぁ。」
と改めて感心しながらも、
「しかし、やっぱり楽な方を選ぶだろうなぁ。」と思う、
・・・情けない校長でした。

というわけで、
今年も大変お世話になりました。
校長ブログはこんな感じで進みます。
Challenge Jonan 本気です。
来年もどうぞよろしくお願いします。

☆校長ブログは、2016年最後の更新となります。
今年度立ち上げた、城南高校初の校長ブログ”Take it easy.”は
いかがでしたか?
次回の更新は、3学期始業式2017年1月10日(火)です。
来年も乞うご期待!

★過去記事はこちら

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031