松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

新シリーズ「昔から、人と同じが・・・。」その①★校長ブログNo.16

  • 2016.11.29

「昔から、人と同じが・・・。」その①
「ユニフォーム・万年筆・蕎麦」

中学時代、野球部に入っていた時期がありましたが、
他の人が揃いのメーカーの練習用ユニフォーム(オール白色)を購入していたのに、
私だけが当時ロープウェイ街にあった「体育堂」というスポーツ店まで行って、
違うメーカーを買って着ていました。

当時、中学校に入学すると「万年筆」を
親や祖父母からお祝いとして貰うのが一般的でした。

国産では、インクカートリッジの中にボールが入れてあり、
振るとカラカラと音がして、
インクの出も良かった“プラチナ”が一番人気だったと思います。

次が“パイロット”。

当然私は“セーラー”を購入し、
ブルーインクが一般的だったのに、
ブラックを使っていました。

ボールペンの性能が飛躍的に向上し、
いつしか「万年筆」の居場所が無くなりました。

松山市内で有名だった「吉田万年筆店」が、
こういう時代の変化を早めに捉えて転業したのが、
皆さんお馴染みの「そば吉」です。

元は、万年筆店だったんです。

ちなみに、私も最低でも2週間に一度は「フライブルグ店」に行きます。
たいがいは、「鴨南蛮」を食べます。

愛媛県では、うどん好きな人が多い中、
私は「うどん」ではなく「蕎麦」です。

・・・続く

☆次回は、12月2日(金)配信予定です。
校長ブログ新シリーズ「昔から、人と同じが・・・。」はどうですか?
よろしければ感想をお聞かせください♪

★過去記事はこちら

カレンダー

2021年9月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930