松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

「昔から、人と同じが・・・。」その⑥★校長ブログNo.22

  • 2016.12.14

「昔から、人と同じが・・・。」その⑥
「自転車(4)」

それから26年後・・・

私の娘が高校に進学することになり、
新しい通学用自転車を買うことにしました。

「ブリジストンロココなどは皆が乗っているから、
人が乗ってない自転車を探そう。」
との親父(私)の一方的な押し付けの始まりです。

私の頭には「江戸時代号と同じメーカーを」の思いがありましたが、
よく考えてみると錆びてメーカーも分からなかったし、
女の子の高校入学にあたってのニュー自転車が「商業自転車」では、いくら何でも・・・
ということで思い出したのが、
私の母が乗っていた「ツバメ自転車」でした。

ツバメが付いた自転車の現代バージョンを探して、
松山市内の自転車屋さんを娘も連れて何軒も回りました。

そして、とうとう見つけたのです。

前輪の泥除けカバーに、
ツバメ(燕)が置物のように乗っているデザインの「ツバメ自転車」です。

ところが、色も深い緑で、ハンドルも大きく、ブレーキもワイヤーではなく、
荷台も正方形に近い立派な大きな言うこと無しの商業自転車。

違いは3段変速機が付いているところ。

つまり、「江戸時代号」の新車だったのです。

私は大喜びでしたが、乗るのは娘。

当然「嫌だ。」と拒否されると思っていたのですが、
結果は「ええよ。」でした。

松山市内を連れ回されて、
行く先々で「人が乗ってない、かぶらない自転車はありませんかのぅ。」
と店員に喜々として話している親父に、
同情したのか同調したのか。

それとも、この親にして娘あり。の血統か・・・
優しい娘ですわ。

・・・続く

☆次回は、12月16日(金)配信予定です。

★過去記事はこちら

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031