松山学院高等学校

大助校長の
”Take it easy.”

「昔から、人と同じが・・・。」その⑤★校長ブログNo.21

  • 2016.12.12

「昔から、人と同じが・・・。」その⑤
「自転車(3)」

私の新しい(見てくれはオンボロ)自転車。

乗ってみると実に良い。

サドルも革でひび割れているが、
座席が広く意外と尻が痛くならない。

荷台が大きいので、
カバンや部活用のバックもゴムロープで縛って楽々載せる事ができます。

お気に入りの自転車になりました。

何より、学校中で同じ自転車が無い。

乗ってみると意外とトレンディー(自分で思っていただけ)。

更に私は、後輪の泥除けカバーに黄色いペンキで「江戸時代号」と書いて、
堂々とクラスの自転車置き場やラグビー部室に駐輪していました。

しばらくして、学校の自転車置き場に、
何故か私と同じような古い商業自転車が複数駐輪されていることに気が付きました。

さすがに、「江戸時代号」とは書かれてなかったものの、
間違いなく私の自転車を見て、
それぞれ自宅で眠っていた古い自転車を見直した同志が乗って来たものと思われます。

自分の名前を書かずに、
自転車の名前を書いていたアホは、私だけでしょう。

赤く塗った物、黒く塗った物など様々でしたが、
古い商業自転車はちょっとしたブームになりました。

「江戸時代号」は、高校卒業まで私の相棒としてよく働いて(走って)くれました。

私が大学に進学して東京に行ったことで、
自宅の軒先で放置されることになりました。

主の居ない「江戸時代号」は、
やがて老朽化が急激に進行し、
錆びて鉄くずと化してその役目を終えました。

忘れられない自転車です。

・・・続く

☆次回は、12月14日(水)配信予定です。

★過去記事はこちら

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031